腰痛の種類について

こんにちは!ゆうあい整骨院です!

 

 

今回のブログは、「腰痛」の分類について説明していきます。

 

 

腰痛に悩んでいる人口は2,800万人と言われています。

 

 

解明しきれていないのも特徴ですが、腰痛は「手術が必要かつ、原因特定」と「手術不要で、原因未特定」に大別できなおかつ下記に説明するように、整理できます。

 

 

○手術が必要、原因特定できるもの (腰痛全体の15%と言われています。)

腰椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア

この腰痛は、各種検査をすることで原因が突き止められ、時に手術をしないと大きな後遺症などを引き起こしかねない腰痛です。

 

 

○手術不要、原因が特定しずらいもの (腰痛全体の85%と言われています)

筋筋膜性腰痛、椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛など

この種類の腰痛は、画像検査でも特定できず、慢性的な腰痛としてみられる腰痛になります。ただし、この腰痛でも日常生活に支障がかなり発生することもあります。

 

 

また、この腰痛の発生率は

筋・筋膜性腰痛  約10%

椎間板性腰痛   約40%

椎間関節性腰痛  約40%

仙腸関節性腰痛  約10%

と言われています。

 

 

痛みを一番感じる身体の組織は、「筋肉」です。

 

90%ほどが筋肉と言われています。

 

当院では、その筋肉をしっかりほぐし、さらに痛みの原因になってくる姿勢や関節を動きなどをしっかり矯正して痛みを根本感じずらい状態に改善していきます。

 

 

腰痛は今や国民病です。やや男性のほうが腰痛を感じやすい傾向にありますが、女性も最近は増加傾向と言われています。

 

 

長期間腰痛に悩まされている方も多いのも、腰痛です。

 

 

腰痛でお困りの方は一度、当院にご相談ください!!

千葉県流山市流山5-19-2

TEL 04-7170-0944【予約優先制】

月~金 10:00~14:00/15:00~20:00

土日 10:00~16:00

休診日  木、祝祭日

 

Copyright © ゆうあいグループ. All Rights Reserved.