日常生活での肘の痛みについて

こんにちは!ゆうあい整骨院です。

 

 

今回は、肘の外側の痛み「外側上顆炎(がいそくじょうかえん)」について。

 

 

テニスプレーヤーに多いことから診断された際に、テニスをしていないのに「テニス肘」と診断されます。

 

 

この外側上顆炎は、どういった症状で、原因はどんなところにあるんでしょう。

 

 

【原因】

外側上顆炎は、テニスラケットでボールを打った衝撃(インパクト)が、手首から肘の付け根の腱に伝わり、腱に炎症・痛みを発症させるものです。

 

 

テニスなどのラケットスポーツを続けていることで起きるスポーツ障害です。

 

 

また、ゴルフや剣道などの競技でも発症することもしばしば。

 

 

手首や手で道具をつかんで作業する大工さんなどの職業の人や、台所仕事など日常的に重い荷物を持ち手首に負荷をかけることのある人も発症する可能性があります。

 

このように、手首に負担をかけ続けることが、結果上腕骨の外側上顆と呼ばれる部分の筋肉、腱の付着部に牽引外力、ストレスを受け続け炎症が発生し痛みが出現します。

 

 

【症状】

肘の外側から前腕にかけて、、、

・雑巾絞りが痛い

・物を握ると痛い

・重い荷物を持ち上げると痛い

など、手首の動作を介して痛みが出るのが特徴です。

 

 

【当院でのアプローチ】

基本施術として

・低周波

・アイシング(炎症が強い場合)

・温熱療法(炎症がない場合)

 

そして、こういった慢性的な痛みは、必ずと言っていいほど身体が歪んでいることが多いです。

 

 

特に、肘周りが痛くなる方は頚椎(首の骨)に歪みがあります。

 

 

この歪みが、末端への神経伝達を鈍らせ筋肉の働きを低下させます。

 

 

当院では、基本施術と歪みを治すアプローチで根本から施術をして、改善を目指します。

 

 

気候が良くなってきているので、運動の頻度も上がると思います。痛みを抱えながらですとパフォーマンスも下がります。

 

 

痛み違和感がある方は、お早めの受診をおすすめします!

千葉県流山市流山5-19-2

TEL 04-7170-0944【予約優先制】

月~金 10:00~14:00/15:00~20:00

土日 10:00~16:00

休診日  木、祝祭日

 

Copyright © ゆうあいグループ. All Rights Reserved.